>

講師から教えてもらえる

この記事をシェアする

最も基本的なことを学ぼう

歌う時の声は、お腹から出します。
ですから腹式呼吸が、正しい呼吸法になります。
普段の人間の呼吸は胸式呼吸です。
歌うことに慣れていない人は、歌う時も胸式呼吸になる傾向が見られます。
しかし腹式呼吸で歌わないと、声を出しにくく感じます。
喉を痛める原因になるので、ボイストレーニング教室で腹式呼吸の方法を教えてください。

腹式呼吸を意識すれば、音程を合わせることが疎かになる人もいます。
しかし、最初はそれでも構いません。
まずは腹式呼吸を身体に覚えさせることが重要です。
意識しなくても自然に腹式呼吸ができるようになったら、音程を合わせるなど細かいテクニックを学んでください。
ボイストレーニング教室で順番に必要なことを勉強すれば大丈夫です。

肺活量を鍛えるトレーニング

歌う時は、息を吐き続けることが重要です。
肺活量を鍛えてうれば、息をたくさん吐くことができるようになります。
ボイストレーニング教室では正しい息の使い方、また腹筋を鍛える方法を教えてくれます。
テクニックだけ学んでも、歌に活かせません。
身体を鍛えることが重要だと覚えておきましょう。
腹筋ばかりを鍛えても、肺活量を増やすことに繋がりません。

側筋など、お腹全体の筋肉を鍛えてください。
息の正しい吐き方は、細く吐くことです。
小さな的に、息を当てるつもりで吐いてください。
小さくて細い息を吐くと、長時間吐き続けることができます。
息の使い方を覚えることで、歌える曲の幅が広がります。
好き曲を歌えるようになりましょう。